-MY四字熟語 -

MY四字熟語-

「健康管理」

このコロナ禍で、生活環境が世界規模で大きく変化している中、健康を維持するのはとても大変で、より一層の意識が必要になります。

外出後の手洗いうがいアルコール消毒や、適度な運動等肉体的な面は勿論、精神的にも外出自粛で趣味が出来なかったり、人と顔を合わせて話す機会が減ったりとストレスが溜まりやすくなっています。

ですので、おうちでできる趣味やストレス発散方法を見つけたりと色々な意味で「健康管理」が重要になっているなと感じました。

大変な時期ですが、一丸となってこのコロナ禍を乗り切っていきましょう。

 

                                        G・東京  郡司 友宏

「Ⅰチャン」

one

「日進月歩(にっしんげっぽ)」の業界にあって「首尾一貫(しゅびいっかん)」した「不言実行(ふげんじっこう)」は、まさに「先憂後楽(せんゆうこうらく)」。最大の賛辞を贈り

G道講座の教え「Ⅰチャン」を共に再認識したいと思います。

“チャンス”とは、どこからともなく現れるものでも、誰かが与えてくれる

ものでも、何度でも、いつでも訪れるものではありません。

 

                 「チャンス」を作る構成要素

         1.努力 2.感謝 3.反省 4.貢献

 

以上4点の“最大限”と“継続”があって始めて生まれるものです。

そして、その集約こそが郡司友宏さんの

持ち合わせた仲間を想う、後輩に心を配る“真心”だと

気づかせて頂きました。ありがとうございます。

危機管理とは、「危機は限らず起きる」ことを前提とします。

「まさかは起こらない」との認識下では危機管理の体(てい)を成していません。

危機管理の一丁目一番地は、まさに「健康管理」そのものです。

ご自愛専一の上、一層のご躍動を心よりお祈り申し上げます。

 

             「唯一無二(ゆいいつむに)」、郡司友宏さんへ

 

                 「右往左往(うおうさおう)」 太田 環拝

 

 

吉田学校を支える名参謀、武田和明さん、郡司友宏さんに

慎んでお贈りいたします(参考)

 

―組織作り、組織強化の要諦―

 

     「後藤田 正晴 五訓」

  1.省益を忘れて国益を考えよ。

  2.「自分の仕事ではない」と言うなかれ。

  3.勇気を持って意見具申せよ。

  4.命令が下れば実行せよ。

  5.悪い出来事こそ、即、報告せよ。

 

            中曽根内閣官房長官 後藤田 正晴