「今月の一言」は「自分との約束事」

                                                   七夕に願いを込めて・・・。

                  「今月の一言」は「自分との約束事」

 

過去、現在、未来の自分に・・・

ご両親に、仲間に、社会にと、

自らの責任と覚悟の上、“自分の言葉”を発信する。

自分の言葉を残す・・・。

 

「今月の一言」を始めてから早4年。

今では理念や志(こころざし)の一端を披瀝する場へと進化して参りました。

 

・・・だからこそ「今月の一言」を大切にし

「自分との約束」である事を忘れてはなりません。

 

自分との約束を守れているのか。

守る最大限の努力を怠っていないのか。

 

何より書いた自分を恥じてないか、今一度、読み返し、自らに問いかけて

いただきたいと思います。

私自身も、信念を語ってきたのか、その信念に偽りは無かったのか、

言行一致してきたのか。

 

内省検証し2013年、下半期のスタートを切りたいと思います。

一新したスタート時に誓い、願いを込めて、私の座右の銘の一つを紹介いたします。

 

      道徳を忘れた経済は、罪悪であり、

      経済を忘れた道徳は、寝言である。

                     二宮尊徳

 

ここで言う道徳とは、信念・信義、何より信頼と理解しております。

「信、無くば立たず」

 

理にかなった言動であったにせよ、

そこに“信”が無ければ、説得力はありません。

 

「理、有って義、無し」

では、道のないところに道を作ることは、不可能と確信するゆえんです。

 

自らと向き合って下さい。

同志と向き合って下さい。

現実と向き合って下さい。

そして共に未来を創って参りたいと心底よりお願い申し上げます。

 

「今月の一言」は、グラスを支える大きな支柱なのですから・・・

 

                                        太田 環 拝

 

追伸:時節柄、お身体くれぐれもご自愛下さい。