JQA-IM0814

         JQA-IM0814 


 

 当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。 

『年頭所感』

               新年明けましておめでとうございます。

“自己犠牲力”

年の初めに新春を飾るにふさわしい、箱根駅伝・高校サッカー・大学ラグビー、春を呼ぶ
選抜高校野球等、筋書きのないドラマが目白押しであり私も大ファンの一人です。
これらの感動には、共通の“キーワード”があります。

 「For The Team」

“すべてはチームの為”“チームの勝利の為”にがあり、観ているものに共感を与えます。
日々のたゆまぬ努力によって培われた個の確立、強い個と個が生む、個を超えた
連携プレー・・・。
一本のタスキに母校の伝統と連帯をかけたタスキ渡しのラストスパート、前線に繰り出す
スルーパス、トライにこだわる「前へ」の精神、勝利を導く送りバント・・・
そこには “生かされて生きる”人の原(源)点があります。

“個”の力を他に生かす喜びは、疲労感が達成感に変わり、充実感となり、
時に勝利をも越える感動を生みます。
時代は多くのリーダーを生み、時々にリーダー像が語られてきました。
“発信力”“決断力”“行動力”等々、されど今の時代に必要な“力”こそ
「自己犠牲力」に他ならないと考えています。

“個”の努力で培った能力を他に生かす、守る、未来へ伝える、創る。
これこそが“生きがい”“天命”と思えるからこそ、この道を信じいつの日か、
“他”を生かせるその日の為に、個の精進に励み、ホームランこそ打つことは
できないかもしれないけれど、確実に仲間が進塁のできる“犠牲バント”の
練習に励んでまいりますことを草志と共に決定(けつじょう)し、
年頭所感と致します。

本年もご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

          For The Shin(心) You(友)
          For The GLASS

                                                                                                     民草  太田 環
                                                                                                              草志一同