JQA-IM0814

         JQA-IM0814 


 

 当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。 

心友になろう

                                                 『心友になろう』
 
                                                                                                         平田 智浩氏

 

自分という存在を確かめるため、人は努力して生を成す。
"生きる"とは何なのか。

息をしていることだろうか?
仕事に打ち込むことだろうか?
遊んで暮らすことだろうか?

間違いではない。
ただそれだけでは"活きて"いない。

人生に於いて絶対に必要なものは、心友の存在である。
心友の居ない人生は面白くない。
他人と繋がり、友となり心友へと昇華するために努力する。
取り繕わない笑顔を向けてくれる人が1人でも居てくれたら、
きっと活き活きとした人生になる。
それがまさに生きている証。
そして生きていた証になる。


堅固な殻から這い出て
仮面を外して
さあ、歩き出そう

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

阪神-巨人戦(阪神・甲子園球場)、
早-慶戦(明治神宮球場)、
そして国立競技場での明-早ラグビー等、
スポーツ界の伝統の一戦、数あれど、
私は特に明-早ラグビーファンである。

タテの明治に展開の早稲田。
時に勝敗をも越えたトライへのこだわり「前へ」の精神。
ノーサイドの笛と同時に両雄をたたえあう姿は、
私達に忘れかけている何かを問いかけてくれる。
実に愚直で青臭く、くるおしい・・・。
「坂の上には必ず雲がある」と確信する一瞬でもある。

武蔵野台での中・高で“協同自治”と“質実剛毅”を体得し、
駿河台にて“権利自由”と“独立自治”の精神を学んだ、
平田智浩君におかれましては、「個たる個人の自立(律)、
強い個と個を絆で結びグラスと成す」から始まった
グラス社に建学に記されている「特有の個、強調する個、
共有する個」の教えを導いて頂きたいと思います。

個をそのままで終わらせるのではなく、
これからの時代にふさわしい個へと・・・
そのリーダーとして敏腕を遺憾なく発揮されますことを
心より期待しております。

10年間の一貫教育の場にご教導くださった
ご両親の並々ならない愛情への感謝から始まる一世一代
平田智浩君の出陣に不肖、太田も“覚悟”を
持参し同行いたします。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

「紫紺勝来」「G魂勝来」・・・この2つの共通項は、
「自信・責任・誇り」に裏打ちされた「理があって義がある」
ことだと確信しています。

※ 「生きるとは、呼吸することではない、行動することだ」・・ルソー
追伸:リバティタワーのカレーライス ご一緒しませんか。
                                                                                               バンザ~イ!! 環