JQA-IM0814

         JQA-IM0814 


 

 当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。 

「学ぶ」という「喜び」

                                『「学ぶ」という「喜び」』
 
                                                                                                           藤中 英輝氏
 
『「学ぶ」という行為の根底には、自分が大きく育って行くことを感ずる「喜び」がある。』
                       
私が好きなSF作家である星新一さんや筒井康隆さんと共に、
「日本のSF作家御三家」と呼ばれている小松左京さんの言葉です。
学ぶということは、教えを受けて勉強、または自主学習を行う等、方法は多種多様とありますが、
それらはすべて知識や技能を身につけることが目的です。
つまり、「学ぶということ」は知識や技能を修得することにより、「自分が成長するということ」だと言えます。
「学ぶということ」は思い通りに身につかず、辛いことや苦しいことも少なからずあると思います。
しかしその一方で、「自分が成長するということ」は、間違いなく喜ぶことです。
 
最初の小松左京さんの言葉には続きがあります。
『だから最初は、他人のことはかまわず、自分の一番興味のあることからつっこんで行くのがいい。』
 
まずは、自分が興味を持っていることから学び、自分の成長を体感して、「学ぶ」という「喜び」を身につけ、
そこから楽しく学ぶことができれば、様々な分野でのスキルアップに繋がるのではないかと考えています。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

                                 それいけグラスマン

                       

多くのヒーローものがありますが、私は特にアンパンマンの大ファンです。                        

先日、アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんが、お亡くなりになりました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
アンパンマンは、単に悪を倒して正義が勝って終わるのではなく、 どの作品にも必ず「自己犠牲」という前提があります。
                       

顔をさかれ、かじられ、ついには顔がしぼんでしまう。 それでも闘い、最後に勝つ。                        

一方、貧しい子には、自らの顔をちぎって分け与える。                        

幼児にも自己犠牲力の大切さを教える真のヒーローだと思っています。

 

                                                        --正義とは自己犠牲。--

 

正義をふりかざせとは言わずとも、せめてグラスの大義、自分の大義だけは、                        

大切に生きて行く事を共に願いたいと思います。
                       

臭いものにフタをする、見て見ぬ振りをする、長いものに巻かれる、                        

問題は先送りをする。                        

自分に都合が良いと善人だとほめ、自分に都合が悪くなると 悪人だとけなし、手のひらを返すやり方が闊歩する世情に、 やなせたかしさん作詞の 「手のひらを太陽に」を今一度、聞き直して“アンパンチ”をくらわせてやりましょう!
                       

他方、アンパンマンは数多くのキャラクターを生み、ギネスにも掲載されておりますが、 HPに掲載をした「ヒーローになるための10ヵ条」からなる“グラスマン”も私は立派なヒーローだと思っております。                         

是非、再読いただきたいと思います。
いつも「これが最期」との思いで書いている「今月の一言」 ほんの少しでも心に届いていたならば幸甚です。                        

今年も残すところあと2カ月・・・藤中君にとって “学び”を“喜び”に変える、最大のチャンスの時、 あなたの強い意志と大きな優しさで前進されます事を 期待しております。
                       

望年会、締めの一献、楽しみにしています。 それいけグラスマン藤中英輝!!

“ミミズだって”“オケラだって”“アメンボだって” “グラスだって”・・・
                       

                                                      一寸の草(グラス)にも五分のグラス魂。 環

 

注:同じチャンスは二度ないこと、                            

チャンスには羽根がはえていることを忘れぬこと。
                       

予告:「国会内の吉野家で和牛牛重を食べるの会」を計画しています。                             

日程が決まり次第報告しますが、希望者は太田まで。