『前進』
 
東野 智氏
新しい職場で勤務を始め、半年近くたちますが、まだまだ失敗の毎日です。
誰もがミスを犯したくないですし、ミスをすると落ち込みます。
ただ失敗を恐れていては前進出来ない。
責任を転嫁せず、問題を理解することで自分の成長に繋げて行きたいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ガンジー「7つの社会的罪」


今や国力増強に余念がないインドの独立の父、ガンジーが説いた
「7つの社会的罪」がある。
「理念なき政治」「良心なき快楽」「人格なき学識」「人間性なき科学」
「献身なき信仰」「労働なき富」「道徳なき商売」。

私たちは、東野君と共に2つのことを考えてみたいと思います。

1つめは7つの罪の後段を“自分”に置きかえて見てはいかがでしょうか。
すなわち「理念なき“自分”」「良心なき“自分”」「人格なき“自分”」と・・・。
考えさせられること、考えなくてはいけないことが、山ほどあり、内省や自問の
繰り返しの日々しかりです。

2つめは、特に「労働なき富」について触れておきたいと思います。
「働かざる者、食うべからず」が基本であり、結論ではありますが、
グラスマンとして「生きがいをみいだす労働」を考えていただき、行動に移し、
次に「労働が生み出す生きがい」を体感して頂くために「リーダーとしての労働」
「主人公としての労働」を是非実践していただきたいと思います。

グラス道にある「道のないところに道を創る」とは、まさに「労働が生み出す生きがい」
そのものなのですから。

残暑厳しき折、お身体ご自愛の上、東野君の「責任感ある労働」に心より感謝と
期待をし結びといたします。

                                                                                                                             by TAMAKI

★★★

追 伸・・・ サッカー小僧“夏”物語続報

去る8月22日~8月26日に開催された
「第55回東京都私立中学校サッカー大会」(参加74校)に私の心友が出場し、
みごと“ベスト8”入りを果たし12月に埼玉スタジアム等にて開催される
「第5回首都圏私立中学校チャンピオンズカップ」の出場権を手にいたしました。

ピッチで見た、仲間への思いやり・・・特に
再度の骨折によりピッチを後にした友人への思いからの号泣には、
スポーツの感動を遥かに越えた、今の時代に失われかけた大切なものを
私達に問いかけてくれた一瞬でもありました。

7月17日「暑中お見舞い」の第一報で、
私は「あなたの夏は終わらない」と明言いたしました。
思いを信念にかえ言葉にする。
そこには、責任が生まれ「言霊」(ことだま)に変わる。
言葉が魂を持ち、言葉が活きる、人が生きる。・・・“すばらしさ”を体感いたしました。

私達も「今月の一言」で発信する言葉に責任を持ち、
自らに挑戦して行くことを改めて誓い報告といたします。

埼玉スタジアムのピッチに立つ、自分を想い、願い、
信じ、感謝をし、体調管理をおこたらず更に精進してください。

                                                                                                        スタート フロム “0” 心友 太田 環