助け合いの心

                                                        『助け合いの心』
 
                                                                                                                諏訪 彰弘氏

 生きていると他の人の助けを必要とする場面が多くあります。
人の助けを一切借りないというのは、無理なことだと思います。
お互い許しあい相手の欠点を補いながらより良い人間関係を築いていきたい。
私も、今年に入り新しい現場でいろいろな人に助けてもらいながら仕事をしています。
良い人間関係を築き助け合いながら日々努力していきたいです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

助け合いの心と、もたれ合いの心との大きな違いは、
お互いに“自立心” があること。
お互いの間に信があること。(信念・信義・信頼→信なくば立たず)
そして何より“利他の心”があることだと思います。

愛には大きく無償の愛と、むさぼる愛(渇愛)があると言う。
愛に見返りを求めて、自分に都合が良いと善人だと褒め、
少しでも自分に都合が悪くなると悪人だとけなす。
自信と誇りの無い卑しい人間にはならぬ様、
まず自分と向き合い現実と向き合う、
そしてお互い向き合える人間関係を築いて参りたいと願います。

諏訪君におかれましては、文中にある様、
“許す心”の持てる器量あるグラスマンとして成長し、
次世代を担っていただきたいと思います。
私自身の力不足をお詫びしつつ・・・
 
                                                                                                   感謝 太田 環