G社合同危機管理本部報告

G社合同危機管理本部報告
― 4.1 新生グラス始動! ―

 

異体同心の前進に敬意を表します。
さて昨年4月に設置した合同危機管理本部の一年間の経過を下記の通り報告
いたします。
                                                                   本部長 平田誠教
--- 記 ---
 
 
【報告1】
  ・チームの統合・再編   (2チーム)
  ・チームメンバーの拡大  (3チーム)
  ・新チームの結成     (5チーム)

【報告2】
  G-東京刷新会議(議長:吉田臣男)の立ち上げ、
  グラス道講座等による、理念、ビジョンの展開、
  国会訪問等による胆力強化等。

道半ばではありますが、目指すべき“新生グラス”の礎づくりの大きな
一歩を踏み出せましたこと、皆様のご協力に心より感謝を申し上げます。

                                                                           以上


【検証・考察】
 1. 自主・自立、自学・自習を旨とするグラス社員の自助努力、自己改革、並びに
    危機管理能力の強化。
     (チャンスとは、与えられるものではない)

 2. G-東京に新しい人材供給の窓口設置等、“次の東京への”課題の精査等、
    G-東京刷新会議のフル活用。
     (みんなで決めて、みんなで動く、みんなで責任を持つ、みんなの為の会社)

 3. 厳しい現状認識のもと、スキルアップ。
     (資格取得等・強い個を目指す)
       ① 個人計画表作成
       ② 勉強会の設置

 4. 多くの会議、勉強会、新チーム等が結成されました。

 人材の発掘(窓口)、人材を人財にする為の勉強会、チームの増員による強化・・・
 これは全て手段であって、目的ではありません。
 仏、作って魂入れず・・・。
 チーム作って、何を成すべきかを自問し、議論し結論を得る。
 その為に理念に基づいた、成長戦略が必要です。

 自らが作ったチーム、自らが参加したチームを
 1つの会社に進化させる気概が、必要不可欠。

 はじめにグラスがあるのではありません。
 はじめに強い個、ついで賢い、したたかなチーム、
 最後にグラス・・・(考える) (行動する) (挑戦)の
 G社TAC構想が生きる時。

【今後】
 1. 合同危機管理本部を更に強化する為、新メンバーを急募します。
   (年齢・経験等一切不問)
   ビジョン、ルールを守る側から作る側に立つ、責任のもと、
   超加速度的な変化・変貌に耐えうるビジョンを描き、
   G社を牽引する覚悟ある者。

 2. 合同危機管理本部内に2014.6.16
   G社10周年記念実行委員会の設置(G-Nest10)

 来年の10周年を祝い、次の10年に向け0ベースに回帰し、検証し発進する
 会本部を発足します。
 ご参加をお待ちしております。ただし実行委員は、同志全員。
 1人1案を持ちより、実り多き会にすることを望む。
 「個たる個人の自立(律)、強い個と個を絆で結びグラスと成す」
                                                                               以上

尚、3.30「G-関西 信念・躍進の集い」が盛会に開催されました。
それぞれの“決意”を活かせるG社を目指すことをお誓い申し上げます。
(自立、参加、協働)