『画竜点睛』
 
                                                                                           矢野 英樹氏

また、物事の最も肝要なところのたとえ。文章や話などで肝心なところに
手を入れて、全体をいっそう引き立てるたとえ。
「睛」はひとみ・目玉。転じて、物事の大切なところの意。一般には「画竜点睛を
欠く」と用いることが多く、この場合は最後の仕上げが不十分で、肝心なところが
欠けているため精彩がないことをいう(四字熟語辞典より)。

ある人が立派な竜の絵を描いたにもかかわらず、さいごに竜の目(睛)を描き漏らした
ことにより、その絵全体の精彩を欠く結果となってしまった。
最後の仕上げにより、それまでの(良い)過程の評価も左右されるという意味で理解
しています。

G-関西にとって節目の年となった2012年も残り2カ月になりました。
これを踏まえ、あらためてつぎのことを意識して日々の業務に取り組んでいきます。
  ・緊張感を持続して「有終の美」で締めくくる。
  ・これまでの努力を次のステップへつなげていく。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

時代はまさに“天下動乱””まったなし”・・・
男、80歳、石原東京都知事は、身命を賭(と)した決断をいたしました。

様々な意見はありますが、私達は、年齢、財力、環境等、
出来ない言い訳作りが上手になってはいないでしょうか・・・

お互い自問し、自答することを確認し、
石原慎太郎東京都知事から頂いたサインを掲載し、私の覚悟といたします。


決断・実行に能書きはいらない!
見せろ浪速のG魂!
他人と過去は、変えられない。
されど自分と未来は変えられる・・・自分次第で。

                                                                                                                        自燈明  環