諦めずに前へ

                   『諦めずに前へ』
 
                                                      猪熊 雅稔氏

私達は、それぞれの人生の途中で、様々なチャンスと苦悩に沢山出会うでしょう。
既に起こった苦悩、見逃してしまったチャンス、それも確かにあるはずです。
しかし、それは今の私達を形作った大切な思い出であり、経験です。
誰でもない自分自身で認め、誇るべきものだと考えています。

今まさに、私達の目の前には大きな苦悩が見えています。
けれど、その苦悩の影には、同じ大きさと輝きを持つチャンスもまた存在しています。
そのチャンスを手に取り、確かなものに出来るかどうかは、偏に私達全員が諦めずに
前に進み続けるその意思を持って、それぞれの苦悩を打破し、未来に向かって
突き進んでいくことだと思っています。

私がこの場にいること、それこそが苦悩を乗り越え、チャンスを掴んだ形だと
信じています。一度乗り越えられたものに負けてしまう道理はないと確信し、
未来に突き進んで生きていこうと日々努力していく所存です。

自分自身を胸を張って誇れるように。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

文章全体から“勇気”を感じます。
文脈から自主・自立の精神がうかがえます。
文言の一つ一つにめざすべきグラス道が見えています。
「諦めずに前へ」はまさしく“グラス魂”そのものと確信し、
心から誇らしく思います。

創業から8年、艱難辛苦の日々を支え続けてきた一言と言っても過言ではありません。

グラスマンとして立派に成長した今、時あたかも“新生グラスの幕開け”です。

今の時代に失われかけた郷里(ふるさと)を想い、“明日を創る”
あなたの情熱で未来へと牽引していただきたいと願っています。
男・猪熊 雅稔君との仏縁に心底より感謝を申し上げます。

※ つらい時、自らで創ったこの名文を必ず読み返すこと。

・・・みなぎる勇気をありがとう、“グラスで生きる”意味をまた一つ
   見つけることができました。

                                                       合掌 環