人との出会いとつながりは宝物

                 『人との出会いとつながりは宝物』
 
                                                       安部 卓磨氏

この言葉は私がまだ学生だった頃、お世話になった方から教えていただいた言葉です。

「人との出会いは奇跡であり、つながりは新たな出会い(奇跡)への架け橋となる。
 故に大切にしなければならない。」

という意味だそうです。

どんなに些細な理由で出会っても、いずれは強いつながりになるかもしれない、
だからこそ大切にすべきということをこの言葉と合わせて教えていただきました。

私もこの言葉の通り、人と出会い、人とのつながりで更に多くの人と出会うことが
出来ました。
これからも人とのつながりを大切にしていきたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

新しい年度の始まりに素敵な言葉を有難うございます。

縁は、円(サークル)を創り輪になり、和に通じ、環となる。
私、太田 環(たまき)の命名の由来です。

めぐり逢いは、仏縁(仏様がくださったご縁)だと信じております。
だからこそ、ご先祖を尊ぶ、親を敬う、心友(とも)を想う。
すべてつながっていて、今日の私があると思っております。

人生、出会いがすべてと言っても過言ではありません。
平成24年、私達の宿命の真義が試される年の始まりでもあります。
                               しんでん
勝縁たるスタートに“反省と感謝”の気持ちで、共に“心田”を耕して
参りましょう。

安部君と私達を結んでくださった、ご両親と恩師の皆様に宜しくお伝えください。

「チャレンジに失敗と問題はつきものである。されどチャレンジしなければ、
 新しいものが生まれることはない。・・・グラス道講座より」

                                                    袖すりあうも多生・・の縁 太田 環