『日進月歩』
 
                                                                                                                                田中 成幸氏

 

辞書で調べると下記の意味が記されています。
  • 日ごと月ごとに絶えず進歩すること。
  • 進歩の度合いが急速であること。
「IT業界は日進月歩だ」とよく言われます。
この業界のハードウェアやソフトウェア、そしてそれに携わる人々が日々進歩している。
ではその業界に身を置いている我々はどうなのか?どうあるべきなのか?
当然、我々の進歩のスピードが業界のそれよりも遅ければたちまち遅れを取って
しまいます。
ましてやこの競争社会を勝ち抜いて行くのなら業界のそれよりももっともっと速い
スピードで我々一人一人が進歩していかなければならないのです。
日々勉強が必要です。立ち止まってる暇などありません。
グラスの研修会で毎回出てくる「原動力を持つためにはたゆまぬ努力が必要」と言う
言葉はこの現実に由来するものだと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

“日々最大燃焼”の精進に心より敬意を表します。
                                        ・
先日は、田中君自らの発想・企画・実行による「グラス道研修会」の実施に
感服いたしました。
      ・                      ・
柔らの道と書き、柔道と言い、柔らの術(わざ、すべ)と書き柔術と言う。
やわら みち            やわら じゅつ
柔道と柔術はおのずと違うもの。
礼に始まり礼に終わり、柔よく剛を制す・・・。

        ・               ・
グラス道・・・その道は、けして技やすべを教えるのではなく、道を説くものである。

          ・       ・
グラス道の道は、0から始まり道の無いところに道を創り、進み、無を有に変え、
人生を開拓することを言う。

ITマンでいると同時にグラスマンでいて欲しい。
明日のグラスを創る、起業家でいて欲しい。
何より未来を拓く改革家・田中成幸でいて欲しいと
心底より願っております。

平成の竹中半兵衛こと軍師・田中成幸
軍功を上げる為、軍議、軍略を持ち同志と共に今、起動!!

                                                                                                                           一日一生 太田 環