明日有りと 思う心の仇桜 夜半に嵐の吹かぬものかは

    「明日有りと 思う心の仇桜(あだざくら)    夜半に嵐の吹かぬものかは」
 
親鸞聖人が9歳の時、得度(僧侶になること)を受けられるため
京都青蓮院についたときには、既に夜も更けており
和尚が得度は、翌日にしようと話された折に詠まれた御歌であるという。

仏法には“明日”という教えはありません。
今、この時を除いて道を求める時など無いという教えと学びました。

理不尽で、不条理な事件、事故が多い世情に、
必ず明日があると思っていても、
いつ吹くかわからない無常の風にさそわれたなら
たちどころに娑婆(しゃば)との縁が尽きる私達の
命であるとのお言葉です。

肝に命じ、真義を大切にして参りたいと願います。

                                               一期一会、一所懸命、一日一生  太田 環