書物を読み、調べ、考える

                                                 『書物を読み、調べ、考える』
 
                                                                                                                                 出口 典正氏

 私は歴史に興味があり、よく歴史小説を読んでいました。
その流れで、歴史書、古典、兵法書なども読んでいます。

 
その中で、覚えておきたい一言、名言などを紹介したいと思います。
中国古典の戦国策、論語からの一文です。

戦国策 「前事忘れざるは、後事の師」
論  語 「過ちて改めざる、これを過ちと謂う」

まず、最初の文は、以前のことを心に留めていれば、後々、役に立つという意味です。
たとえば、一度した失敗を覚えていれば、以後その失敗はしないということです。
 
次の文は、失敗したことを改めなかったことを、失敗という意味です。
 
この2つの言葉は、仕事をしている上で、覚えておくべきものでしょう。
何事も失敗というものはありえます。
それを次に生かすかどうかが、その後の成功に繋がると思います。
 
このように、書物を読み、調べ、考えることで多くのことを学べます。
まさに「智愚は他なし、書を読むと読まざることに在り」です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

不退転の決意でG社に参加をいただいた今日までの努力、体感したG魂の一端。
何より “ひたむきな姿勢で学んだ多くの知識”“単なる知識” の吸収で
終らせるのではなく、 “自らの血肉” として更なる進化を祈念いたしております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

    100 - 1 = 0
      1 + 1 = 3
    出口 + 1 = ∞(無限大)

 
                                                                                        煩悩具足の凡夫 太田 環