JQA-IM0814

         JQA-IM0814 


 

 当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。 

「何事にも屈しない精神力」と「感謝、恩義を忘れない心」

     『「何事にも屈しない精神力」と「感謝、恩義を忘れない心」』
 
                                                       堂西 孝充氏

ニュージーランド先住民マオリ族に伝わる伝統舞踊「ハカ」をご存じでしょうか?

 
 よくラグビーの試合でニュージーランド代表が試合前に行うパフォーマンスのひとつとして捉えられている。 しかし実は、「ハカ」は生命誕生から人の死までを描いた踊りであり、いろいろな意味を持っている。
 舞踊の持つ意味とは、「感謝や恩義を忘れない心」であり「何事にも屈しない強靭な精神力」、「歓迎する心」等です。
 マオリ族は、ニュージーランドに荒波を小さな船で渡り、その当時未開の地であった、島を開拓した努力や苦労があり、強い精神力と仲間を助け合う心がある。 現在、私を含め、感謝や恩義を忘れている人、わかっていてもそのことを表現できない人が多い様に思える。
 
感謝すること恩義を忘れず、何事にも屈しない精神力で、現在の荒波を乗り切りたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

      ブラックジャージには、誇りがある。
      何より歴史・伝統がある、生きざまがある。
      その延長線には、先祖が、親が、祖国がある。
      “試合終了”はまだ早い。
      G社には、華麗な展開のラグビーは似合わない。
      「前へ」の精神のたて突進で、現状打破をはかる。
      G関西、一丸となってのスクラムトライで、逆転をねらう。
      ノーサイドのホイッスルが、鳴る最後の最後まであきらめない。
      ピッチに、人生に後悔を残さないために・・・。
      信じています。期待しています。
                                                        ラガーウーマン
 環

★ ★ ★


      リーマンショックから早一年。
      失業・倒産の嵐の中、一人の脱落者も無く“今日”を迎える事ができた。
      自立(律)心に、チームワークに、
      心から感謝の誠を捧げたい・・・。
      受けたご恩は、石に刻み、
      与えた義理は、砂に消し。
      「お蔭様」でと、今日を今を生きてゆく、同志と共に・・・。

 

                                                         異体同心、合掌。