天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず

『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』
 
山中 大樹氏

 

この言葉は福澤諭吉の「学問のすゝめ」に載っている有名な言葉ですが、一般的にこの言葉は「人はみな平等であり、生まれながらの差は無い」という意味で広まっているかと思いますが、実はこの言葉の意味には続きがあり、「けれども今広くこの人間世界を見渡すと、賢い人愚かな人貧乏な人金持ちの人身分の高い人低い人とある。その違いは何だろう?。それは甚だ明らかだ。賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。人は生まれながらにして貴賎上下の別はないけれどただ学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるのだ。」と意味が続くのです。
 
これはつまり自分なりに意訳すると「人間はみんな平等だけど、やるべき時にやるべき事をしないと負け組になってしまうよ。なら自分のやるべき事をやって勝ち組になれば良い」と言う事です。
 
今、グラスの人間全員がこの考えを持つ事が出来ればグラスの人間が負け組と呼ばれる事は無いと思い、この言葉を選びました。