グラスの視点 No.39

グラスの視点 No.39

「読書のススメ」

 

 

 

「孤独のすすめ」

--人生後半の生き方--

           五木寛之 著

           (中公新書ラクレ)

           直木賞「蒼ざめた馬を見よ」

           吉川英治文学賞「青春の門」など

 

『孤独というのは独りになるのではなく「和して同ぜず」の精神。

仲間と共に物事を進めてゆく中にあって均一化せず、されず、

自分を見失わず“自立”が大切である。

 

同じ「孤」でも、仲間から外れて存在を失う

「孤立」ではなく「孤独」であれと』説いています。

 

グラス社、創業の精神「始めにグラス社(法人)があったのではなく

自立(律)した個たる個人があり、強い個と個が絆で結ばれ、

法人たるグラス社を創る」

 

「孤立」ではなく個の独立たる「個独」であれの社是に

通じるものと確信しています。

 

また「心配停止」という表現で「この国の現実や、自分達の置かれている

状態を考えまいとか、不安であるために心配するのはよそう」と憂いています。

 

グラス社の社訓にある「Start from 0(ZERO)」は、

「始めにありきなし、全ての可能性を否定しない」と説き、

「会議のための会議」「出張のための出張」の厳禁など

“大義”を大切にしています。

 

超少子・高齢化社会、格差、働き方、緊張を極める国際情勢など

不透明な、不確実な時代を相手の欠点しか見えなくなる

最大の理由である、お互いの「我」を捨てる努力をしつつ

他人を責めず、自分も責めず、むしろ仲間との巡り会いに感謝をし、

“自分作り”に励んで参りたいと心願しております。

 

                           異体同心

                                 グラス道推進委員会