グラスの視点No.10

グラスの視点 No.10 夏

 

向き合う


向き合うとは まず自分の心を見つめること
その時“合せ鏡”の相手のことがわかる
あるがままの自己から、あるべき自己を目指す・・・。
仏様に頼むのではありません
心友(友)に頼むのではありません
親に頼むのでもありません

仏様“を”頼む
心友(友)“を”頼む
親“を”頼むと・・・そんな自分を目指して生きて行く。

心・技・体

心 精神力
技 技術力
体 人間力

技では足りない部分は、
心で埋める その心を支えているのは
人間力。

人間力とは高き志(こころざし)である。
“忘己利他”(もうこりた)の教えのもと
夏に鍛え 次に備えて行く。

暑中お見舞い申し上げます。
お身体くれぐれもご自愛ください。

            草一筋・・・Gメン夏男一同